《玉ねぎ豆知識》

よく見かけるタマネギの表面は、茶色い皮に包まれていることがほとんどです。
あの皮、実は果物などの皮とは全く違ったものなのです。

そもそもタマネギの玉部分は、タマネギの実ではありません。
玉部分は、タマネギの葉が集まり、分厚く肥大したものなんだそうです。
つまり、タマネギは葉が何層にも重なってできたものということになります。

では、あの茶色い部分は何なのかというと、
あれはタマネギの層の表面が乾燥し、茶色くなったものなんです!

一皮むかれて、つるつる真っ白になっても、時が経つと乾燥して茶色になってしまうんですね~