少し前からの習慣で『節分に恵方巻きを食べる。』
わたしが小さい頃はなかった習慣です。
今では普通に食べてしまっているので、子ども達にとってはこれが習慣となるんでしょうね。

今更ですが、恵方巻きのルールを調べてみました!

1:太巻きをひとりにつき1本準備する
福を巻き込むことから巻き寿司。縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけません。七福神にあやかり、7種類の具が入った太巻きが望ましいとされています。巻き寿司を鬼の金棒に見立て、それを退治する意味もあるとか。

2:恵方を向く
その年の歳徳神がいる方角で、何事も吉とされている恵方を向いて食べます。今年は〝東北東やや東より〟

3:願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる
しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで口をきいてはいけません。さらに、目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあります。

これを全部守って成し遂げるのは結構大変かもしれません。