先日、仲良くしていただいているママ友達が体調を崩しました(涙)
高熱と喉の痛みと倦怠感・・・とても心配です。
そのお友達同士の会話の中で、小さい頃風邪を引くと首に焼ネギを巻かれたという話をしました。
うちでも実家の母親がよく首にネギを巻いていて、臭かったのを覚えています。
ふと医学的に効果があるのか気になり調べた結果、臭みの成分である、硫化アリルが粘膜に付いた病原菌を退治して、喉の痛みや鼻ずまりも和らげてくれるというのです!首に巻くことにより体温で温められ硫化アリルが少しずつ、しかし長時間出続けるから、理にかなった療法とのこと・・・すごいじゃないか!ネギ!!

でもでもよくよく読んでみると、口からの体内へ接種の方がより効果があることが判明。
ということでお友達と女子会ではネギを沢山食べようということになりました。

元気くん市場のネギ食推進委員長のネギおじさんが体の不調にネギをおススメいたします!!

19212899_1942967679312670_1561969615222_o