【彼岸入り】
三途の川をはさみ、こちら側の世界を此岸(しがん)、向こう側の世界を彼岸(ひがん)というそうです。
彼岸の期間とは、煩悩と迷いに満ちた「此岸」から、悟りの世界「彼岸」へ到達するための修行の期間だったそうです。
秋分の日と春分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、この時期にご先祖様の供養をするようになったそうです。
祝日法でも秋分の日は【先祖を敬い、亡き人を偲ぶ日】と定められているそうです。

14285787_1574341136205662_646918961_o

今年も可憐に咲き誇った元気くんの【トルコキキョウ】を持ってお墓参りへ行きましょう。
トルコキキョウの花言葉は〝よい語らい〟ご先祖様とよい語らいの時間を・・・